BLOG

2019.07.17更新

皆さんこんにちは。

よく、今期は業績が良くないので、役員報酬を下げる、社保負担も下げたいから、というようなお話を聞きます。

税理士側からも、赤字なのだからコストを抑えて無駄遣いしないように、というようなアドバイスもあるでしょう。

ただ、売上について、何の策もなく、コストを削減していけば、売上が上がることもまた、ないのではないかと思います。

このところの私の経営支援では、

アパレルの会社に在庫処分を促し、実際にプラン実行してくれる専門家を紹介しました。

ネット通販の売上対策のためにウエブマーケティング会社をいくつか問い合わせをして、費用対効果の高いものを実行することにしました。

もちろん、初回来訪者へのメニューもしっかり拡充、リピートを貰える仕組みも考えてもらいました。

当事務所では、飲食業へのコンサルを強化し、私も日本フードアドバイザー協会の会員、フードアドバイザーとして

活動、アドバイスしてまいります。

当面は既存のクライアントにお声がけするとともに、新規開業予定の方々を対象に活動していく予定です。

私は飲食店の経営者様には、3つくらいのお店を持っていただき、

努力に見合う収入を得てほしいのです。

人生を良くしてほしいのです。

税や会計だけで、クライアント様はハッピーにはなりきれませんので、

日々研鑽しつつ、いろいろな形でサポートを強化してまいります。

ぜひ、今後共お楽しみに願いますm(__)m

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

2019.07.10更新

皆さんこんにちは。

今日は多忙の中、日本でナンバーワンの飲食店のコンサルタント、宇井先生の勉強会に行ってきました。

宇井先生の話は非常に熱く、勉強になりました。

今日は私なりの理解で、ご参考になればということをお書きします。

・飲食業は商圏ビジネス、お店の周りのお客様を相手にして行うもの。常連さんを育てていくことが必須。

・飲食業は、料理と、接客でできている。料理だけで成り立ってないことを理解しましょう。

・料理は初回に来ていただくための武器、2回目来てもらうためには接客がよいことがマスト

・レジでの精算での接客、お見送り、忙しくてできないときは仕方がないが、頑張るべき。

考えてみれば、飲食業は2年で半分が潰れると言われています。

確かに接客に心を砕いているお店はあまりありません。チェーン店に勝てないわけです。

当事務所では宇井先生のコンサルとのアライアンスを強化、飲食業へのアドバイス体制を強化していきます。

以上のお話の他に、飲食業を開業するに当たり、アドバイスできることはたくさんありますので、

ぜひご相談くださいませ。

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

2019.06.27更新

皆さんこんにちは。

先日、国際税務のご相談がありました。

国際税務はちゃんと対応できる税理士事務所は少なく、

大手の国際会計事務所は個人のクライアントへの業務はほぼ行っておりません。

相談にアドバイスができる税理士事務所を見つけることは容易でないと思います。

税務署に相談することも、良し悪しで、税務署も全員が国際税務に詳しいわけではないので

誤った指導をされる可能性が高いのです。

従いまして、精通している税理士に、まずご相談することが重要になります。

以上、国際税務のお話でした。

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

2019.06.12更新

皆さんこんにちは。

当事務所では品川区を中心にして、目黒区、世田谷区、大田区、渋谷区、港区、そうした近隣エリアの皆様の相続税の申告や生前相談に注力しております。

金融資産が多く、相続税負担が重いという場合には、不動産小口化商品などソリューションがあります。

生前贈与も保険商品を活用すれば、かなりの有効性の生前相続が可能です。

ぜひ、相続税の試算から始めてみましょう。

ご相談はお電話、メールでご遠慮無く、お待ちしております。

 

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

2019.05.24更新

皆さんこんにちは。

今日は当事務所の注力している情報提供についてお知らせします。

当事務所は、関与先の皆さんに、(全員ではありませんが)

毎週、経済・経営情報をご提供していますが、

特に、補助金・助成金情報をご提供することに注力しています。

税理士には、報酬を支払うだけ、と思われがちですが、

補助金助成金や資金調達支援をすることで、現実の経営にプラスを得られるようにしたい、

そういう思いであります。

また、税務情報ももちろんご提供しておりますが、

当事務所で購読している税務専門誌、

税務通信、税務Q&A、国際税務など税務研究会のもの

T&Aマスター:新日本法規

速報税理:ぎょうせい

まだ他にもございますが、購読している文献は自信を持っております。

これからも質の良い税務情報を含む価値ある情報提供を続けてまいりますので、

ぜひご期待ください。

逆に、そうした情報提供のない事務所とお付き合いされておられる事業者様は

ぜひ一度ご相談にお越しいただけたらと思います。

これからも事業を応援する税理士事務所であることを目指してまいります!

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

2019.05.15更新

皆さんこんにちは、

今日は経営者の役割、について簡単な話を書きます。

経営者は、従業員と異なります。

いざというときに会社を持続させるために、私財を投じることがありえます。

そのために、企業は利益を高め、役員報酬をたくさん払い、経営は資産を蓄積しておく必要があります。

そのためには、売上を高め、利益を高める必要がある。

経営者は、私腹を肥やすためではなく、いざというときに会社を救うために、資産を蓄積しなくてはならないのです。

営業利益が潤沢に回るようになりませんと、従業員の給料を上げることもできず、

会社を長期間持続させるための投資もできません。

ぜひ、しゃにむに売上や利益を高め、堂々と役員報酬を取り、会社のために資産を蓄積をしてください。

(了)

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

2019.05.07更新

皆さんこんにちは。

税務署は、税務調査の中で必要な場合には、取引先や銀行に反面調査を行い、取引事実を直接調べますが、

現行では、誰の取引かを特定して、資料提出を要請しています。

今後、事務運営指針や通達を整備して、具体的な取引者を特定しない形でも

銀行や証券会社、仮想通貨業者、アフィリエイトなどについては

情報提供を求めることができるようにする、という方針が示されております。

徐々に情報収集機能が強化されつつありますので、

それに抗うのではなく、まっとうな方法による節税を考えていくべきと思います。

税務署と喧嘩して勝てる人は通常はいませんので。

税務リスクのご相談は、当事務所でアドバイスできます。

(了)

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

2019.04.24更新

皆さんこんにちは。

確定申告期間中から相続税の依頼が続いています。

主に、品川区、近隣区の皆様ですが、

初回ご相談時に当事務所では相続税、分割例に関する簡易なシミュレーション資料をお渡しして

お持ち帰りいただいています。

お持ちいただきませんと、また起こしいただく必要もありますし、

お持ち帰りいただければ、相続人間の情報共有もクリアになりますので。

以後も基本的には大変スムーズに進めており、

当然、不動産が特徴的な場合に、相続税を軽減できる場合には、業界最高水準のノウハウを尽くして、

評価を下げることも行っております。

預貯金などの相続手続きが難しくてできない方には

提携しております司法書士に受任していただくこともできます。

品川区で最も信頼して、申告を任せていただける相続税税理士事務所を目指し、

今後共業務を磨いてまいりますので、ぜひ生前相談などもお尋ねください。

業界最高のシミュレーションシステムもございますので、

課題を見える化して対策ができます。

よろしくお願いいたします。

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

2019.04.11更新

皆さんこんにちは。

関与先の皆さんのよりよい人生のために、様々な情報をご提供できるよう、情報収集しております。

今回は旬な選ぶべき保険の情報です。

ご興味あれば専門家をご紹介しますね、ご連絡くださいませ。

 

1.個人年金保険

公的年金の支給年齢が70歳に引き上げられるという時代に生きる皆様には、

60歳以後の再雇用期間の収入目減り、つなぎ所得のために個人年金保険が有効です。

駆け込んだ金額が基金として受給期間に年金で降りるわけですが、

預貯金では金利もつきませんので、個人年金保険が有利、

米ドル建てのものが、運用金利が高いということで注目されています(もちろん為替リスクはあります)

代表的なものとして、

マニュライフ生命のこだわり個人年金

をリンクを貼りますのでご参考にしてください。

 

2.法人保険

会社が契約する保険については、従前のような満期返戻金が高いものは認められなくなり、

従前のような期末の決算、税金対策の保険活用はできなくなりました。

本来の、保証目的の保険で、

告知のみで加入可能、

毎月1万円程度の保険料で、いざというときに5000万円から1億円の保証が得られます。

今までのような利益繰り延べの保険の時代は終わりました。

真に役に立つ法人保険の今後の新しい主軸となるべき保険の一つと思います。

NN生命のエマージェンシープラス

代表的な保険として上記をご紹介します。

 

3.がん保険、医療保険

高度先進医療が受けられる保険に入っている人はまだ少ないのではないでしょうか?

がんであれば重粒子線治療、陽子線治療とどんどん高度先進医療が出ている中、

そうした医療を受けられないことも辛いことです。

高度先進医療、がん保険合わせても、月額1万円程度で、

十分な保険を得ることが可能です。

代表的なものとして、以下のものをご紹介します。

FWD富士生命の医療ベストゴールド

FWD富士生命の新がんベスト・ゴールドα

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

2019.04.08更新

皆さんこんにちは。

春は新しい出会いのシーズンではないかと感じております。

事業においても、ぜひ、新しい顧客と出会い、新しい売上を作り出していただきたいと思っております。

中小企業は、営業が足りないとよく言われますが、私もそのとおりだと思います。

紹介という方法で顧客と出会っていく形の場合には、やはり人と会って名刺交換、自己紹介する機会を増やす必要があります。

ウエブから新規の問い合わせがもらえるようなビジネスの場合には、ウエブマーケティングはマストでしょう。

ウエブマーケティングは簡単ではありませんが、頑張れば必ず結果は出てくると思います。

ただ、中途半端なレベルで行っても、おそらくは思うような手応えに至れないと思うのです。

なかなか決断が必要かもしれませんが、

「圧倒的なことをやらなければ、平凡な成果も得られない」そういうことが一つの真実と感じます。

ぜひ、新年度、令和の時代、情報と知力を尽くして、マーケティングに注力してみてはいかがでしょうか。

もし、そういうことを相談したい、話をしたい、ということであれば、

ぜひ、お話させていただきますので、ぜひお問い合わせくださいませ。

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

前へ

お問い合わせはこちらから

  • お電話のご予約も承っております 03-6410-4418
  • top_img16_sp.png
  • 24時間受け付けております お問合わせはこちら24時間受け付けております お問合わせはこちら