BLOG

2019.05.15更新

皆さんこんにちは、

今日は経営者の役割、について簡単な話を書きます。

経営者は、従業員と異なります。

いざというときに会社を持続させるために、私財を投じることがありえます。

そのために、企業は利益を高め、役員報酬をたくさん払い、経営は資産を蓄積しておく必要があります。

そのためには、売上を高め、利益を高める必要がある。

経営者は、私腹を肥やすためではなく、いざというときに会社を救うために、資産を蓄積しなくてはならないのです。

営業利益が潤沢に回るようになりませんと、従業員の給料を上げることもできず、

会社を長期間持続させるための投資もできません。

ぜひ、しゃにむに売上や利益を高め、堂々と役員報酬を取り、会社のために資産を蓄積をしてください。

(了)

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

2019.05.07更新

皆さんこんにちは。

税務署は、税務調査の中で必要な場合には、取引先や銀行に反面調査を行い、取引事実を直接調べますが、

現行では、誰の取引かを特定して、資料提出を要請しています。

今後、事務運営指針や通達を整備して、具体的な取引者を特定しない形でも

銀行や証券会社、仮想通貨業者、アフィリエイトなどについては

情報提供を求めることができるようにする、という方針が示されております。

徐々に情報収集機能が強化されつつありますので、

それに抗うのではなく、まっとうな方法による節税を考えていくべきと思います。

税務署と喧嘩して勝てる人は通常はいませんので。

税務リスクのご相談は、当事務所でアドバイスできます。

(了)

投稿者: 税理士法人 原・久川会計事務所

お問い合わせはこちらから

  • お電話のご予約も承っております 03-6410-4418
  • top_img16_sp.png
  • 24時間受け付けております お問合わせはこちら24時間受け付けております お問合わせはこちら